【募集】6/18松本道弘映画道場 『沈黙―サイレンス―』に見る鎖国下の日本とキリスト教(ゲスト:小名木善行先生)

更新日:2021年6月6日

2021年6月映画道場の題材は、映画『沈黙―サイレンス―を取り上げます。

(6月13日の予定でしたが、緊急事態宣言発令に準じ日程を変更させていただきました)

この映画『沈黙―サイレンス―』は、 世界的な映画の巨匠、マーティン・スコセッシ監督が 遠藤周作の小説『沈黙』に惚れ込み、 長年の構想期間を経てついに映像化されたそうです。 江戸時代の鎖国下の日本が描かれた映画なので、 日本人の私たちが必ず見ておくべき映画ですね。

さらに!今回は、特別ゲストに国史啓蒙家の小名木善行先生をお迎えします。 著書が多数あり、YouTubeやブログでも大人気の小名木先生から、 江戸時代の日本の歴史を学べる非常に貴重な機会です。 ぜひご参加ください。



アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、 浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形 監督:マーティン・スコセッシ 公開:2016年


(あらすじ) 17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは 日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の 井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々― 守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは― http://chinmoku.jp/#story

映画道場のプログラム

今回の映画道場では、主に3つのプログラムを予定しています。