【羽賀ヒカル連載①】数万年の時を超えて・・・

最終更新: 10月24日

▼ 目次

①数万年の時を超えて・・・ ←いまここ

②「100万人」を目指す真の理由 ③天の岩戸を“笑い”で開く

④“事件”が起こりました…



こんにちは。


羽賀ヒカルです。


実は最近、水面下で動いていたことがあります。



少し前に動画でもお知らせしましたが、


漫才の祭典「M-1」に出場します!



そして、いよいよ予選日が決まりました!



8月11日。


漫才コンビ「うめ干し占い」として、

初めて公の場での漫才に挑戦します。




ゆにわの梅干し「寿」を作っている

同級生のあんちゃん(寿社長)と


全力で漫才をしてきますので、お楽しみに!



ちなみに、コンビ名は、

ちゃんと姓名判断で調べて付けました(笑)


もちろん、いくら画数が良かったって、

中身がダメなら意味ないんですが。



また、今回のM-1挑戦に限らず、


わたしは、これからもずっと、

新しい挑戦を続けようと思っています。



YouTubeもたくさんの方にご登録いただき、


まもなく登録者数が10万人を

突破しようとしています。



ですが、わたしたちが目指しているのは、

チャンネル登録者数「100万人」を超えること。


実は、今、ちこ店長むすび大学と、

わたしたちの関係者のYouTubeは、軒並み増えていて、

いよいよゆにわが世界に広まっていく時が

近づいてきたな、と感じています。



これらの活動を通じて、日本に神道の精神が


“よみがえる”ことを願い、活動を続けています。



その思いは、これからもずっと変わらないでしょう。



もちろん、大切なのは数字ではありません。



「数字に愛はない」


そう、北極老人からも教わってきました。



ただ、同時に、高い目標を掲げ、

その目標を超えるために

限界を突破する姿を見せることが、


人前に立つ役割をいただいている

わたしの使命の一つだとも思っています。



それは、去年の年末に行った


「1000人での伊勢参拝」もそうでした。



一昨年に行った伊勢参拝は、

「400名」での団体参拝。



そこから、1年後に

1000人での参拝を目指したわけですから、



「1000人なんて、集まるわけないでしょ…」



というのが、“当たり前の”感覚だったのです。




でも、不可能だからこそ、挑戦する。



そして、自分一人では

到底達成できない目標だからこそ、



仲間と力を合わせ、



また、不可能だからこそ、

神様へと一心に祈ることができる。




そうやって、わたしたちはこれまで、

「不可能」だと言われてきたことにも


一丸となって挑戦を続けてきました。



でも、M-1も、YouTubeも、

本気で取り組みはしていますが、

かと言って、究極的にわたしたちがやりたいことは

別にあります。



2020年・・・。



わたしたちはいよいよ、

新たな次元へと挑戦します。




それが、今回訪れる「戸隠神社」なのです。



戸隠神社は、これまで


「行ってはいけない」


そう言われてきた “ 禁断の場所 ” でした。



でも、危険であるがゆえに、

人生が180度変わってしまうような


強力なエネルギーが眠っている場所でもあるのです。




そして、今回訪れる

 “禁断の場所” 戸隠神社で行うのは、


魂が求め続けた「究極の願い」を叶えること。



しかも、その願いは、

混迷を極める今の時代だからこそ、


実現できる願いなのです。




この “ 究極の願い ” とは、一体何なのか…?



その秘密を、先日、わたしたちは

北極老人から告げられたのです。




 * * *




すべてのスタッフが集まり、

厳粛な空気が漂う中、


北極老人は、そっと語り始めました。




「ここまで、本当に長い道のりだった。


 でも、ついに、準備が整った。


 数万年の旅を通して

 みんながずっと求めてきたことを、


 いよいよ実現させる日が来たね」




その言葉を聞いたとき、

自然と、涙が溢れてきました。



「そうか、このときのためだったんだ…」と。




わたしだけではありません。



その場にいた多くの仲間が、

目を輝かせていたのです。



北極老人から明かされた

魂が求め続けた究極の願い――




それが、「御魂の顕現」です。



これこそ、すべての人類が

魂で求め続けた究極の願い。




古神道や、仏教には


「輪廻転生(りんねてんせい)」


という死生観があります 。



人の魂は、乗り物(肉体)を変えながら、

何度も生まれ変わりを繰り返す。



死んだらいったん魂は抜け、


また新たな肉体へと宿る…。



そうして、わたしたちは

数万年もの時を超え、


今世、生まれてきたのだと。



そう伝えられているのです。



「そんなこと、あるわけないじゃないか…」



そんな風にも思われるかもしれません。



でも、こんなことって、ありませんか?



はじめて訪れたはずの場所なのに、

なぜか、“懐かしい”感じがする…



初対面なのに、

なぜか初めて会った気がしなくて、

十年来の親友のように意気投合する…



そんな “ 魂のご縁 ” を感じる瞬間って。




本当に、輪廻転生があるのか、ないのか。



そんなことは、確かめようもありません。



でも、


「前世から何かご縁があったとしか

 思えないような瞬間が訪れる」


そんなことが、

あなたもきっと一度はあったはず。




じゃあ、なぜ、人はこの世界へ、

何度も生まれ変わってきたのか?



それは、繰り返し、

生まれ変わってきてでも、


果たし遂げたい「願い」があったから。




こうして、求め続けた究極の願いこそ、


「御魂の顕現」なのです。




そして、この「御魂の顕現」を果たすための


“準備”が整ったのが、

2020年という年なのだと。



そう北極老人から明かされました。




 * * *




今、コロナを始め、中国経済の状況、

食料危機、三狭ダムの問題…



様々な問題が世界中で起こっています。



アメリカと中国の関係は

実質上の “ 戦争状態 ” ですし、


誰にも、この先の予測なんてできません。




外に出ることはもちろん、


自分のやりたいこと、実現したいことすら、

簡単にはできない時代となりました。



でも、こうして困難な状況だからこそ、


一人一人の魂が、

目覚めようとしているのです。



そして、“ ついに ” 訪れたこのタイミングで、

共に「御魂を顕現」させる仲間を、

今回の講座では作っていきたいと思っています。




「御魂の顕現」とは、一体何か?



それは、このたった1回の投稿で

すべてをお伝えできるものではありません。



ですから、これから何回かにわたって、


「御魂の顕現とはなにか?」


というのを、お伝えしていきます。



きっと、これからのブログを通じて、

言語化はできなくとも、


“何か”を感じ取っていただけるはずです。



また、これからもM-1出場をはじめ、


いろんな面白い挑戦もしていきます。



その活動にもリアルタイムで

お伝えしていきますので、


ぜひ、楽しみにお待ち下さい。




2020年、コロナで外にも満足に出れず、


つまらないと1年だと

思われているかも知れません。



でも、そんな状況だからこそ、


世の中を面白く、

盛り上げていこうと思っています



ぜひ、一緒に、楽しいことやっていきましょう。



そして、魂の究極の願いである

「御魂の顕現」を果たしに行きましょう。



【期間限定無料メール講座】 2020年 最も重要な神社「戸隠」の秘密

https://zinja-omairi.com/toga/



今年は本当に面白い活動を

たくさんお見せできると思います!


M-1グランプリも本気で頑張ります。


今、必死にネタ考えてますので、

応援して下さいね!



それでは、ありがとうございました。



あなたの開運をお祈りしております。



▼ 第2話〜はこちら


②「100万人」を目指す真の理由 ③天の岩戸を“笑い”で開く

TEL : 072-300-5012

FAX : 072-300-5013

受付時間 : 09:00~12:00 / 15:00~19:00

E-mail : infoplnt@uni-wa.com

運営会社情報

個人情報保護方針