油脂を極限まで減らしても、ふんわり美味しい。こだわりの食パン


こんにちは、スタッフのクーミンです。 ふわふわの柔らかいパンには 抗えない魅力がありますよね。 しかし、パンを柔らかくするためには 一般的に「油脂」が多く使われています。

脂肪分がたっぷりのパンは 食べているときは美味しいけれど、 後からもたれてしまったり、 カロリーも気になっちゃう!


たまのおやつなら良いけれど、 毎日食べるとなるとちょっと…。 だから、わたしたちは、 「毎日食べられる美味しさ」を目指して、 極力、バターや生クリームなどの油脂を使わない、 カラダが喜ぶパンを作っています。 例えば、食パンの型に塗るのは ココナッツオイル。

ココナッツオイルは、 消化吸収がよく体脂肪を燃焼させると言われる 中鎖脂肪酸を多く含みます。 生地自体もできるだけ油脂を少なくしつつ、 ふわっとやわらかな食感で美味しくなるよう、 研究を重ねてきました。

バターを減らすと風味やコクも減るため、 味のしっかりした強力粉と風味の良い全粒粉を使用。

調味料からも自然な旨味が出るように、 塩は6種類の天然塩をブレンドしたもの、 砂糖はゆにわマートでも扱っているゆにわのきび砂糖です。


生地の発酵には、生イーストを使用。 ホームベーカリーでおなじみのドライイーストよりも 生地がもっちりふんわりするのが特徴です。 そうして試作を繰り返し、 ギリギリまで油脂を減らしたレシピが完成しました。


一次発酵が終わってからはスピード勝負。

丁寧に、だけど素早く、 生地を分割し、成形していきます。