開運おせちに込めた想い

最終更新: 2020年12月13日




こんにちは。

今回は、メルマガ編集部キョウコからお知らせです。


はやいもので、今年もあと一月とちょっと。

これから年末年始にかけて、

クリスマス、大晦日、お正月、初詣と、

季節のイベントが目白押しですね。



実は、こういった年中行事には、

とても大切な意味があるんですよ。


日本人は昔から、

人生の節目や、季節の節目に

お祭りをして祝ってきました。


なぜなら、そういった節目に

“魔”が入りやすい、と考えられていたからです。


“魔”とは、不運・不幸の原因となる

ネガティブなエネルギーのこと。


つい判断を間違えてしまったときに、

「魔がさした」といったりしますが、

心に“魔”が入ったまま放置していると、


人間関係がうまくいかなくなったり

簡単な判断をミスってしまったり

大事な場面でタイミングを外したり


してしまうのです。



なので、昔から日本人は

“魔”が入ってしまわないように、

お祭りをして、

みんなで歌ったり、踊ったり、

ごちそうを食べたりしていたのだそうです。


たとえば、節分の「豆まき」には、

「まめ=魔を滅する」の意味があったりします。



お正月に初詣に出かけるのも、

そんなお祭りの一つ。

みんなで「おせち料理」をいただくのも、

一年の節目に、神様をお迎えするため。


「おせち料理」とは、

もともと歳神様(としがみさま)に捧げる供物でした。

いただくときは、祝い箸を用意します。

両端が細くなっているので、両口箸とも言われますね。

それは、一方は自分用、

もう一方は神さま用、とすることから。


歳神様とごちそうを共にすることで、

新しく始まる一年を

神様から守っていただこう、という願いを

込めているのですね。



だから、ゆにわスタッフは、

「おせち」を食べていただくみなさまが、

神様に守られ、歓びに満ちた新年を

迎えられますように、と祈りながら、

つくらせていただいています。


特にこだわっているのは食材です。


日頃、親しくさせていただいている方から、

ご紹介いただいた食材を使うようにしています。


なぜなら、人と人、人と食材との間には、

ご縁のエネルギーが流れているから。



より良いエネルギー(=気)に満ちたものを

召し上がっていただきたい、

そうして運気もあがっていきますように……、


そんな願いもこめているのです。



「おせち」は、このように大事なお料理ですから、

最高のものを召し上がっていただけるよう、

スタッフは皆、調理の際は、心と場を整え、

気持ちを高めてから、厨房にはいります。



もちろん、保存料や添加物は一切使わず、すべて手作り。


たとえば、黒豆は、8日間鍋で煮続けて甘味を引き出します。


栗きんとんも、手作業でさつまいもを裏ごしします。


昆布巻きや錦糸巻きも、ひとつひとつ手で巻いていく。


丁寧に、よく見て、まるで対話するように。



そうして、12月30日、31日の早朝に、

出来立てのものをお重に詰めて、

お渡ししております。



どうぞ新年の幕開けに、

「ゆにわの開運おせち」、いかがですか。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



▼おせちの詳細・ご予約はこちら!

https://uni-wa.com/osechi/



「スイーツおせち」もあります!


パティスリーゆにわでお作りしている、

宝石のようなケーキたちを敷きつめた


「スイーツおせち」も合わせて販売いたします。





数量限定となりますので、

ご予約はお早めに!


▼スイーツおせちの詳細・予約はこちら!

https://patisserie-uniwa.com/event/osechi.php



122回の閲覧0件のコメント

TEL : 072-300-5012

FAX : 072-300-5013

受付時間 : 09:00~12:00 / 15:00~19:00​(木曜定休)

E-mail : infoplnt@uni-wa.com

運営会社情報

個人情報保護方針