密着ドキュメンタリー半年間講座ことのはむすび&厳島神社参拝セミナー

最終更新: 6月19日

こんにちは、編集部の高橋久美です。


すがすがしい初夏の季節、

いかがお過ごしですか?



ゆにわ塾では、厳島神社参拝セミナーが

いよいよ本日5月28~31日にせまりました。



そこで今回は、4月から始まった

「半年間講座 ことのはむすび」を振り返り、

その舞台裏にせまる、密着ドキュメントをお届けします!


参加の有無にかかわらず、

雰囲気だけでも楽しんでいただければ幸いです。



それでは、どうぞ。



◆半年間講座 第一回セミナー





ゆにわのセミナーでは、「場づくり」を大切にしています。


「場づくり」とは、入念な掃除で場を整えるだけでなく、

さまざまなグッズやアイテムを駆使して空間のエネルギーを高め

、まるで神社のような清々しい空間にすること。


これにより、受講者のみなさまの感覚も研ぎ澄まされ、

セミナーの内容をより吸収しやすくなるのです。






◆セミナーのお弁当





セミナー参加者の皆様にお出ししている昼食は、

ゆにわの手作り弁当!


おいしい食事の記憶は、

セミナーの学びや感動と結びついて、より深く印象に残ります。


このお弁当を楽しみにしている参加者の方も多く、

中には、お弁当から感じる愛情に思わず涙する人も・・。



◆厳島神社・現地下見





セミナー会場を各部署のスタッフが念入りに下見。


当日のよりよい演出や場づくりのため、

現地に足を運び、自分たちの目で見て

確認することを大切にしています。


今回参拝する厳島神社にも、

講師の羽賀ヒカル・こがみのりをはじめスタッフが

ご挨拶の参拝をさせていただきました。



◆舞台&雅楽練習





源平合戦や厳島神社の秘密を

講義形式のセミナーだけでなく

演劇も交えてお伝えします。


楠葉某所では、深夜に稽古が行われていました。

より迫力のある舞台のため、表現や解釈をめぐって議論する一幕も。


当日は、手作りの大道具や、

鎧(よろい)や兜(かぶと)などの衣装にもご注目ください!