雅楽部のお稽古を覗いてみました



日が暮れたころ


防音設備のある施設に、ゆにわ塾のスタッフが


続々と集まってきました





実はこの日は


ゆにわ塾を運営するグレイトティーチャー株式会社の


「雅楽部」の週一回のお稽古日でした!




龍笛(りゅうてき)チーム

↓ ↓



天を駆ける龍の声を表すという「龍的」は


とてものびやかで美しい音色を奏でます




しかし・・・


最初のうちは、音がなかなかならず


まずは音出しの練習からです(笑)




篳篥(ひちりき)チーム

↓ ↓




こちらは、地上で生きる


私たち人間の音を表しているそうです




大きくて、主張がしっかりした音がします




こちらは、吹けるには吹けるのですが


とにかく、肺活量勝負なので


自然と、メンバーも体育会系に(笑)




笙チーム

↓ ↓


これでもか!というくらい雅な音色(笑)


この笙は、天の音を表します


西洋のパイプオルガン的な音がします




そして、琵琶



琵琶は、天地人のタイミングを合わせていくような


そんな役回りです




琵琶って、一見


涼しい顔して弾いているように見えるかもしれませんが


実は、10kgくらいあるので


しばらく弾いていたら、重みで足がしびれます(;´∀`)




移動するにも、大きいし、重いしで


正直、重労働です




笛は肺活量いるし


琵琶は重いしで


雅の裏には、かなりのフィジカルパワーを求められます(笑)




昔の人は、ホントに体が強かったのでしょう・・・


1日中雅楽を聞いていた(演奏していた)なんて


恐ろしすぎます(;^_^A




GT雅楽部は、セミナーやイベント、儀式のときなどに


演奏させていただいています


次は、秋の刈穂祭の時かな?と


そこに向けて、絶賛お稽古中です!!

閲覧数:98回0件のコメント