top of page

【特番】映画の「閉じ師」は古事記にも実在した・・・

神社chにてアーカイブを配信中!

特番「閉じ師」という生き方


出演:羽賀ヒカル、小名木善行、ちこ、

   新田祐士、西野ゆきひろ、あんちゃ他


【特番】『閉じ師』という生き方:

https://youtu.be/Hba044gnOMo


 

こんにちは!

ゆにわ塾講師の西野です。




映画「すずめの戸締まり」が

大人気上映中ですが・・

映画の内容は

あながちフィクション

(虚構の作り話)

ではありません。

というのも、

映画の中では

大地震の元凶となる

エネルギーの塊

「ミミズ」が、

「後ろ戸」と呼ばれるトビラから

この世に出てくることで

地震が起きそうになるのを

戸を閉じて未然に防いでいく物語です。

これは、

日本の歴史においても

人知れず、ずっと行われてきたことでした。

もともと、

日本中にある神社のほとんどは、

怨念

災害

疫病

などを鎮(しず)めて

神様として守護していただくために

祀られたところから始まっています。

例えば、

日本最古の歴史書

と言われる『古事記』にも


日本の第10代天皇である

崇神(すじん)天皇の御世(みよ)に、

疫病が大流行して

大勢の人が亡くなる中で、

厄災を鎮めるために

オオモノヌシノカミを祀られた、

という記述があります。

他にも、

例はたくさんありますが、、

このように、

自然災害

人々の悪想念

荒ぶる怨霊(おんりょう)

を鎮めるために

神社でお祀りしてきたのです。


今回の映画

「すずめの戸締り」では、

荒ぶる「ミミズ」を

鎮魂(ちんこん)する人のことを

『閉じ師』として表現されています。

これを人知れず

「国家」という規模で

行ってくださっているのが

天皇であり、


「土地」という単位で

行ってくれているのが

神社の神主さんです。


わたしたちが

戦後の貧しさを脱して

文明の豊かさを享受できているのも、


見えないところで

日々、働いてくれている人たちがいるからです。

同じように、

何千年

何万年

という歴史の中で・・

大難が中難になるように

中難が小難になるように

小難が無難になるように


人知れず

祈り

荒ぶるものを

鎮(しず)めてくれている

人たちがいたのです。


ですが、

これからの時代は、

わたしたち一人ひとりが

『閉じ師』になっていく必要があります。

映画の中に出てくる

荒ぶる「ミミズ」というのは、

なにも国家や地域にだけ

存在するわけではありません。

わたしたち一人ひとりの

心の中にも「ミミズ」は