北極老人の話とタロットのピースが完全に繋がった話|花木えりな

こんにちは!

ゆにわ塾でタロット占い師をさせて頂いている

花木えりな(花えり)です。



私は、師匠・北極老人から占いを学びながら

東洋と西洋を融合させた

「北極流タロット」の占い師として活動をしています。

先日、

ゆにわ施設のシロフクコーヒーに行ったところ、

偶然、北極老人(以下:先生)がお店にいらっしゃる・・・

ということがありました。

普段、先生が店舗の営業時間内に

お見えになるということは滅多になく

(奇跡に近いくらいです!)

その日は、店内の大テーブルの中央にいらっしゃり、

その場にいた塾生に話をされていました。

閉店間際の店内は満員、

大勢の塾生やスタッフが

先生をとり囲んでいるという状況でした。

(わぁ~~~!!先生がいらっしゃる!!)と

私は驚きと喜びが溢れそうになりつつも、

声を抑えて、そーーっと、

先生を囲む輪の中に入り

しばらくお話を聞くことができました。

その時、先生がお話されていたことが、

私自身探し続けていたことの答えそのもので、

ものすごくタイムリーな気づきがあったので、

今から綴っていきたいと思います。

まず、私はいったい

何を探し続けていたのか?というと、

あるタロットのピースです。