半年間の罪穢れを燃やす!夏越の大祓 in 綾部レポート

更新日:6月30日

2022年6月27日〜28日、京都府・綾部にあるゆにわの合宿施設「綾部ゆにわ」にて、


上半期の罪穢れ(つみけがれ)を 祓(はら)い清める特別なイベント


━━━━━━━━━━━

 夏越の大祓

 なごしのおおはらえ

━━━━━━━━━━━


を、開催させていただきました!

▼綾部の大自然のなか1泊2日を過ごします。



今回は、講師・羽賀ヒカルも、1泊2日を一緒に過ごさせていただきました!^^




「夏越の大祓ってなに・・・?」

という方は、 羽賀さんが、神社チャンネルで話してくれていますので、 そちらをご覧いただけたらと思いますが、、

◆6月末は神社に行って「夏越の大祓」をしよう!



羽賀さんによれば、 人間は生きていれば、ツミ・ケガレが溜まっていくので、定期的に祓わないといけないんだとか。

ツミ"とは、 知らないうちにやってしまった悪いこと。

ケガレ"とは、 インターネットやニュースなどで溢れている、ネガティブな想いが、知らないうちに自分のなかに溜まったモノ。

えー!そういうものが知らないうちに溜まってしまうなんて・・・! 祓えるなら、祓ったほうがいいですよね。

というわけで、さっそく、 あやべ合宿がスタートしていきました!


▼羽賀さんと合宿参加メンバーのみなさま。ドリンクで乾杯中^^


▼本格的な焚火を使うため、運営スタッフが準備、、


▼儀式スタート! 神主のスタッフが祝詞(のりと)を奏上します。


▼事前に書いていただく、特別な紙「カタシロ」に、 自分の半年間のツミ・ケガレを写して、燃やしていきます。




そのほかにも、 参加メンバーのみなさまとは、 さまざまな浄化の儀式を 一緒にやらせていただいて、身も心もスッキリ。


ちょうど、お日さまも出てきました!




スッキリしたら、お腹もすいたぁ〜!


そう。あやべはごはんも超おいしいんです。


今回は、御食事ゆにわのちこ店長をはじめ、 調理スタッフも同行して、 最高のお料理をご提供!

▼こんな感じで夜ごはん。


▼生地から作ったピッツァ!


▼舞鶴で有名な、たちうお・まぐろ・いさき!


▼そして、土鍋で炊いたごはん🍚


羽賀さんもカメラ目線でかんぱーい!

とにかく、おいしくって、 メンバーのみなさまも満足されているご様子でした。


しかし!綾部の夜はまだまだですよ!



焚火を囲んでキャンプファイヤー!

このパチパチ燃える炎を見ながら、 夜中まで語りあうというのが、あやべ合宿の鉄板なのです。


特に今回は、【変わり目にきている方】が多かったという羽賀さん。

「本当にいまの自分じゃだめだ。変わっていかなきゃって思いました」


「心機一転がんばります」


「いろんな影響を受けてたけど、もっと地に足つけてやっていきます」



など、、、炎をみながら語り合うなかで、心をあらたにされている方が多くいらっしゃいました。


▼夏の風物詩・ホタル。


▼翌朝はみんなであやべを散策しました。

では最後に、羽賀さんからメッセージをいただいております!


-----------------------------


▼羽賀ヒカルメッセージ


ゆにわ塾会員のみなさまの分も、

下半期の開運をお祈りしてきました。


夏越の大祓を受けた方は、

しっかり祓われていると感じました。


2022年下半期も

すばらしいスタートを

切っていけると思います。


-----------------------------


羽賀さん、ちこ店長、 参加してくださったメンバーのみなさま、 すてきな時間をありがとうございました!




閲覧数:262回0件のコメント

最新記事

すべて表示