top of page

心を燃やし続けて生きるには。

こんにちは!


ライター&シロフクスタッフのあんちゃです(*'▽'*)





つい先日、ゆにわの初詣セミナーが各地で開催されておりまして


わたしもイチ参加者として、参拝させていただきました!





この一年の志を立てると同時に


セミナーのお話を聞く中で



・自分がなぜ今ここで活動しているのか


・誰のために、どんな思いからやっているのか



という"原点"に立ち返るような、貴重な機会となりました。





▼京都・石清水八幡宮



今回の初詣セミナーでは、各神社共通して



【心の炎を燃やして生きること】


【恨みや妬みの感情を乗り越える】



といったテーマが挙げられ、昨今の時代背景とともに


各神社との関係を紐解いていったのですが、


まさにこれは、わたしの人生のテーマでもありました。






 * * *





実は、ゆにわと出会うまでのわたしは


「もっと熱い生き方がしたい」


「どうすれば、より熱量高く活動できるのだろう」


と、冷めた心に火が灯るような"何か"を、ずっと渇望していました。




もちろんそれまでも、


心が燃える瞬間は何度かありました。


けれど、その炎は、


いつも長続きしなかったのです。





「情報発信で起業するぞ!」と思っていた会社員時代。


毎日夜中まで作業し、


狂ったようにブログを書き続けました。



しかし、いざ独立した途端に熱が冷めて、


毎日引きこもる生活に。





一念発起して「稼ぐぞ!」と決めたときは


仕事漬けの日々を送りましたが、


いざお金が入ると、


「何のために頑張ってたんだろう…」と虚しくなる。





そして燃え尽きたあとは、


いつも虚無感が残って、


「このままでいいのだろうか・・」という不安に駆られる。






自分は、常に心が燃える生き方がしたくて


この道を選んだんじゃないのか?



もっともっと、情熱を持って生きられるはずなのに。


このままなんとなく活動してて、本当にいいのか?




そんな葛藤を長い間抱えて、苦しんでいました。





もっと、熱く生きられる"何か"が欲しい。


でもその"何か"の正体は、わからない。





そんな「人生迷子」の最中(さなか)に、


友人の紹介でゆにわと出会いました。






くずはに来て、ゆにわの各店舗を巡って


スタッフの人たちとお話しするたびに