top of page

\旧暦の新年を祝うごちそう/御食事ゆにわ2月のランチ・ディナー[大阪]


1月のランチ・ディナーには

多くの方に足を運んでいただき、


おかげさまで連日ほぼ満席✨となりました。


ありがとうございました!


ただいま、御食事ゆにわでは、

2月から4月いっぱいまで🌸

お席をご案内しております。


ご予約はどうぞお早めに!




2月 季節のランチ-立春・雨水-





季節のランチは、二十四節気の


・立春(りっしゅん)

・雨水(うすい)


をモチーフに作らせていただきました。



2月は、

立春を告げる東の風が


長い冬の凍っていた大地を

溶かし始め、


春の雨によって水が蓄えられ、

大地が潤い出す季節です。



始まりのスープは、

里芋を使ってほっとする仕上がりに。




今月のメインディッシュは


水晶鶏(すいしょうどり)。



水晶鶏とは、


鶏むね肉を使った、

鶏肉の水分や旨みを逃さず、


潤いたっぷりに仕上がるお料理です。





実は、

はじめは、別のお料理をメインにしていたのですが、


新鮮な鶏肉が入ったときに

この料理を作ったところ、


あまりの美味しさに


「2月はこれでしょ!」


と、急遽変更になった、というウラ話があります。




ソースで使っているのは、


京都・綾部で作っている梅干しの、

紫しそ梅。


キュッとした酸味と、

鼻を抜けるような香りが、

炊き立てのごはんとともに味わえます。



透明で白い鶏と、紫しそ梅の赤が

紅白を表し、


旧暦での新年を祝うような、

おめでたい料理となっています。



ごはんとともに、今月は特別に


ゆにわのつきたてのお餅が入った雑煮、漬物を

堪能していただけます!




そして、今月のおせち料理には、


伊達巻(だてまき)が登場します。



鯛のすり身を、


卵とお出汁に合わせて

丁寧に焼き上げてから巻き、


蒸しあげて完成するという

一手間、ふた手間を惜しまないお料理。




甘味は


特製のキャラメルを使った

キャラメルアイスクリームに


アマゾンカカオから作るチョコをかけた、

オレンジピールをトッピング。



さらに、ペアリングのドリンクもついています♪



ぜひ、お楽しみください。




 

夜の部 - 恵 KEI -




大寒から立春への

変わり目を迎えるこの時期、


運の切り替わりとなる、


旧暦の新年をお迎えするお料理を

ご用意いたします。



節分の月にちなんで、


「巻き寿司」もおせち料理と共に

コースに盛り込んでいます。



一番美味しく、旨味が引き出るような

特別な〆方をした魚を使った

海鮮でのお料理や、


牛の希少部位であるカイノミを、

特製の漢方液に漬け込み、

炭火で焼き上げる炭火料理など、


旨みの奥ゆき、複雑さを味わえる料理を

ご用意しております。



メインディッシュには、

大粒の牡蠣の旨みを引き出した、

牡蠣のフライ。



シンプルな調理法ながら、

食材の恵みが広がり余韻が残る、

ごはんに合うお料理です。



何より、ゆにわといえば


「ごはん」



わたしたちが、


発芽から苗づくり、

田植え、収穫まで行う


〝まぼろし米〟と、


石川県能登にて、

わたしたちの師匠のご親戚が

作ってくださっているお米をブレンドしています。



それを、


自社開発のお水、

塩と合わせて


土鍋でじっくり炊き上げます。



結びたての、いのちのおむすびも

ご堪能いただけます。




甘味にはバレンタインにちなんで、


アマゾンカカオで作る究極のチョコレートを、

オレンジソースと合わせています。



 

まぼろしの手巻き寿司ディナー

「このひとときが、ずっと続いてほしい」

と願わずにはいられない、

全身がとろける体験をあなたに。


最高級の海の幸と、

京都府綾部市で自分たちの手で一から作り収穫した

"まぼろし米"のコラボレーションに、

食べた後まで夢心地が続きます。


まぼろしの手巻き寿司ディナーは、


2/9(金)、2/10(土)


3/16(土)、3/17(日)


に開催予定です。





ー ハレのご飯で

いのちを祝福するごはんを ー



どうぞお一人様からでも

大切な方とでも

ぜひお気軽にお越しくださいませ。



みなさまの御来店を

心よりお待ちしております。



・・・


御食事ゆにわ


大阪府枚方市楠葉美咲3丁目12-6[MAP]

LUNCH 12:00-15:00(13:30 L.O)

DINNER 18:00-21:00

定休日:水・木


または

お電話 072-864-5419

受付:9時~12時/15時~19時(木曜休)








閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page