top of page

今「すずめの戸締まり」がNo.1大ヒットしている理由|セイラ

こんにちは!

ゆにわの梅部で活動しているセイラです。



普段は、「寿」(ことぶき)という

こだわりの梅干しを作りながら、

ゆにわ塾でラジオパーソナリティをしたり

情報発信もしています!



最近『ゆにわ塾』の中で

発信していることもあって、

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが・・

いま、世の中では

新海誠監督の最新作

『すずめの戸締まり』

が大ヒットとなっており、

公開スタートから3日間で、、

動員133万人

興行収入18億8400万円

『君の名は。』

を圧倒的に上回り、

監督作品史上ナンバーワンの

大ヒットとなっています。


引用元:映画『すずめの戸締まり』公式サイト

実は、

新海誠監督の映画には、

その時代、時代における

「神様のメッセージ(神意)」

が降りていることが多く・・

今年の伊勢参拝セミナーの

重要なテーマも含まれている

ということで、

先日、僕も映画館で観てきたのですが、、

その映画の内容が、

まさに、連日ゆにわで向き合っている出来事と

リンクしているシーンが多かったのです。

これからの時代を生きる上で

絶対に避けては通れない内容でもある、

という話題が、ゆにわで上がっているので

今回はその話をさせていただけたらと思います!

『すずめの戸締まり』は

主人公の岩戸鈴芽(いわとすずめ)が

忘れられた場所や廃墟にある「扉」から出てくる

「ミミズ」という、

人々の怨念やネガティブな記憶を

扉を閉じる人・・・「閉じ師」の

宗像草太(むなかたそうた)と共に

全国各地を巡って鎮(しず)めていく物語です。

普通に観ると、ファンタジー映画なのですが、

実は、至るところに

日本神話や、風習をあらわす表現が

用いられているのがわかります。

もともと、日本では

天災・飢饉(ききん)などを起こす荒ぶる神を鎮めるために

神社をたてて、神様として祀ってきた背景がありますが、

それをすずめの戸締りでは、

荒ぶる神を、

災いの元となる扉から出てくる「ミミズ」と表現して、

また、

神社を立てて鎮めることを

「戸を閉める」と表現しています。

大ヒットする映画には必ず、

その時代を生きる万人に共通する

「テーマ」が隠されています。

ですから、ゆにわでも、

すずめの戸締りと同じ「テーマ」を表す出来事が

映画が始まる前から、起こっていました。